歌手になる為の専門学校

歌手に必要な要素は様々な要素がありますが、一般的に腹式呼吸や肺活量など息の量をコントロールが必要です。

このコントロールの習得には個人差があり、自分で身に着ける方法と地域のボイススクールに通いトレーニングをする方法や、歌手の養成を行っている専門学校へ入学して身に着ける方法があります。ボイススクールや専門学校では呼吸のコントロールの他にも、ビブラートやミックスボイスなどの専門的なレッスンがあります。

ビブラートの種類にはいくつかあり、横隔膜を使って揺れをコントロールするタイプを横隔膜ビブラート、喉で声の揺らぎを作る方法が喉ビブラートと呼ばれます。ミックスボイスは一般的に高音ボイスと呼ばれるもので、ハイトーンボイスを得意とする歌手が使う歌唱法の一つです。発声方法によって喉に炎症がおきてしまう場合がありますので、講師の指導のもとレッスンを行うと安心です。また、これらのレッスン内容はスクールや専門学校によって異なりますので、自分が目指す歌手を参考にすると良いでしょう。

地域のボイススクールはチケット制になっている店舗と、月謝として一括で入金を行うスクールがありますので事前の確認が必要です。専門学校の場合は、入学金の他にも学費として年間を通して費用がかかる場合がありますので、資料請求や問い合わせなど事前に行っておくとトラブルが防げます。専門学校によっては歌手養成所のオーディションや、音楽事務所と契約を行っている学校があります。また、これらのスクールには各都道府県にありますので自分の希望するレッスンを行っているスクールを選ぶ事が大切です。
歌手の専門学校のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *